■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分


■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。




■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:17年09月17日

菓子パンやそば・パスタなどの麺類が
当たり前のように食卓に上るようになった今、

あたしの周囲にも
「一日3食麺でもいいな」とか
「一日1回はパスタを食べたい」等と言う人が多いですが…

あたしは「一日3食ライスOK派!」です。

もちろん、菓子パンもパスタも好きですが、
「ライス」は特別ヒイキしてしまう炭水化物であり、
大切な主食なのです。

白いライスとお味噌汁のセットは、基本中の基本として、
ライスが主役となる「おにぎり」には特に目がありません。

炊飯器から立ち上る「フワッ」としたかぐわしい香りと湯気。
しゃもじで、炊き上がったライスに空気を与え、
それをおにぎりにする時といったら、なんとも幸せな気持になります。

「どこかに行きたいな」と思うときのお供は、何と言っても「おにぎり」。
作りたてはもちろん、冷めても味わい深いおにぎりって何て素敵なんでしょう!

「好きこそ物の上手なれ」という言葉がありますが、
上手かどうかは別として、あたしはおにぎり作りが大好きです。

今では、何個か作る時、手の平に乗せるライスの量で、
だいだい200グラムという平均値が出せるようになり、
「おにぎり屋さんになれるかもね~」などと一人自己満足。

このように、
手の平のぬくもりが残る食べ物っておいしい物なのだろうな…と
廃れることの無いライス文化を思ったりもします。

中に入れる「具」も様々な物が合いますし、新しい具で冒険もできる…
それも大きな魅力です。

シンプルな素材だけに
作る人それぞれのちょっとした工夫が十分に生かされる、
日本人には欠かせない「チカラの素」だとあたしは思います。

■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分

★メニュー

■豆知識情報:部屋探しを始めるタイミング
■豆知識情報:不動産屋のキャンペーンに注目
■豆知識情報:大手不動産屋が良いとは限らない
■豆知識情報:おとり広告に注意をして賃貸探し
■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分
■豆知識情報:情報誌の罠に注意しよう
■豆知識情報:予め賃貸の条件を決めておきましょう
■豆知識情報:年間を通じて家賃が同じとは限らない
■豆知識情報:敷金と礼金について知っておこう
■豆知識情報:インターネットで賃貸の情報収集


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸博物館へようこそ★賃貸の悩み解決Web