今現在非常に多くの人が、賃貸を利用しており、一生賃貸のまま生活を送っている人も大勢います。
ただ当然のことですが賃貸は自分のモノにすることが出来ないので自由性に欠けるというデメリットもあります。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
諸々の費用を全て知っておき、初期費用として家賃の6ヶ月分は予め用意しておく必要があります。

 

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合におきましては、家賃以外にも管理費や共益費が必要となるので無理して高額な家賃の物件を選ぶことのないようにしましょう。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃というのは、一般的には月収の3分の1程度と言われており、それ以上の場合には経済的に困難となってしまいます。



■豆知識情報:賃貸の初期費用は家賃の六ヶ月分ブログ:17年06月15日

お子さんが幼稚園に入園したら、
母親が弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
母親の手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

母親の手作り弁当であればこそ、
お子さんは母親の母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
母親に対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かに母親たちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
母親はお子さんに対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしもお子さんの心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

母親がお子さんのために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
家内が主人のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

主人は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

家内としては主人のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも家内が自宅で弁当を作れば、
主人は昼食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

家内が主人のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。